用語解説

用語解説

IFO注文

IFOは“if done-OCO”の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。予約での新規注文と同時に、利益確定の指値注文と損切りの逆指値注文を一括で行うときに使います。例えば値上がりを見越して、新規で1ドル110.00円で...
用語解説

OCO注文

OCOは“one cancel the other”の略で、“オー・シー・オー”と読みます。同時に内容が異なる二つの注文を発注し、どちらか一方の注文が約定したらもう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法となります。新規注文と決済注文...
用語解説

スリッページ

ストリーミング注文をした場合に起きる現象で、例えば、1ドル100.000円で注文をしたのに約定は100.004円になった、といったことがあります。このズレをスリッページ(slippage)と呼ぶので覚えておいてくださいね。上の例では、スリ...
用語解説

IFD注文

IFD(アイ・エフ・ディー)注文と呼びます。IFDは“if done(もし〜なら)”の略で、イフダン注文と呼ばれることもあります。IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に発注できる方法で、注文するレートは指値または逆指値で指定することがで...
用語解説

指値注文・逆指値注文

指値注文と逆指値注文は、どちらも指定したレートで約定させたいときに使う予約注文です。予約をしてしまえばチャートをずっと見ている必要はない、といった利点があります。 指値注文 現在よりも有利なレートを指定したいときに使う注文方法...
用語解説

ストリーミング注文

ストリーミング注文は、リアルタイムで表示されているレートで「買」または「売」を入れる注文方法です。「よし、今買うぞ(売るぞ)!」といったタイミングで注文するときに使います。決済したいときも同様に、「利益(損失)を今確定させよう!」といった...
タイトルとURLをコピーしました