FXでよくきくレバレッジとは?

FXの基礎

どうもじゅんです!
ぼくのブログを訪れてくださりありがとうございます。
今回は「レバレッジ」について勉強していきましょう!

FXを始めようとするといろんな言葉が出てきますよね。
レバレッジもその一つかと思います。
知らない言葉だらけで嫌になるかもしれませんが、取引する際に必要になる考え方なのでしっかり勉強しておきましょう。

まず、レバレッジを日本語で言うとてこの原理になります。
学校で勉強したことありますね。
小さな力でも重い荷物を持ち上げることができるってやつです。

それでFXとどう関係あるの?というと、次の通りです。
FXには少ないお金で多額の取引ができる仕組みがあるんです。

例えば、1ドル100円の時に1万ドル買いたいと考えます。
このとき必要な日本円は100万円になります。
え〜そんな大金持ってないよ!って思いますよね。
そもそもお金を稼ぐためにFXを始めるのに、最初から100万円なんて・・・

はい、ここでレバレッジがでてきます(笑)
なんと1万ドルの取引に100万円は必要ないんです。

あくまで日本のFX会社の話しですが、証拠金(FX会社に預けるお金)に対して最大で25倍までの取引ができるんです。
どういうことかと言うと、100万円分の取引をしたい場合に必要な証拠金が25分の1で済むんです。
計算すると100÷25=4万円で済むことになりますね。
つまり4万円で100万円分の取引ができるんです!

   ↓イメージはこんな感じ(4万円で100万円を動かせる!)

繰り返しになりますが、FXでは少ないお金で多額の取引ができるんです。
これがレバレッジが利くと表現されているわけです。

ではレバレッジが利くとどんないい事があるのでしょうか?

例えば、1ドル100円のときに買い101円で売ったとします。
このとき1万ドル分買っていれば1万円の利益になるわけですね。

資金4万円で取引して、1万円の利益が出るって凄くないですか!
これがレバレッジのメリットなんです!!

もちろんレバレッジにはデメリットもあるようです。
それは、損失分も大きくなるということです。

1ドル100円のとき1万ドル買ったのに、99円に値下がりしたとしましょう。
たった1円の値下がりが、1万円分の損失に繋がってしまうわけです。
資金4万円で取引して、1万円も失うってちょっと考えたくありませんよね。

このようにレバレッジは利益だけでなく損失も大きくする特徴があるわけです。
もちろん資金に対してレバレッジを25倍にしないといけないわけではありません。
初めのうちは、損失を大きくしないように小さなレバレッジで取引した方が良さそうですね。

どうでしょう、イメージはできましたか?
わからなかったら何度も読んで理解しておいてくださいね。

勉強になったよ、というあなた
↓↓応援クッリクをお願いします

応援してくだると励みになります!
クリックしてこのブログが今何位か確認してみてくださいね。


これからFX口座を開設しよう!というあなたはこちらをクリック!
もちろんすでに口座を持っているあなたも一度覗いてみてくださいね(笑)

ちなみに普段ぼくが使っていて、おすすめしているのはDMM FXさんです。
この機会に下のバナーをクリックして口座を開いてみてくださいね!

DMM FX

レバレッジについて理解できているか、下のアンケートで回答してみてくださいね。

【結果を見る】をクリックすると、他の方の意見がみれますよ!

少額でも始められると分かれば、気楽に取り組める気がしますね。
次回は「レートの値動きが分かる?ローソク足とは」と題してまとめていきたいと思います。
それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました